天神のラゼック

以前は、目の悪い人は眼鏡をかけたりコンタクトレンズを入れることで視力を矯正するしかありませんでした。ところがレーシックという視力回復方法が現れて、目の悪い人でも裸眼で1.5〜2.0の視力が得られるという夢のような話が実現しました。レーシックは登場以来非常に注目を浴びて、天神などでも手術を受けられるようになっています。また、技術も進歩してきていて、通常のレーシックでは治療が困難だとされていた、角膜の薄い人も治療できる方法が確立されています。そのひとつがラゼックという方法です。レーシックの手術は、適切な屈折を行うことができないことにより視力の低下している眼球に対し、レンズの役割をする角膜の薄さを変えることで屈折率を調節するという方法です。具体的には、まず角膜上皮を剥離してフラップと呼ばれるものを作成します。それからその内部にある角膜実質にレーザーを当てて削り、薄さを調節していきます。角膜の薄い人は、フラップを作る際に薄いものを作らなくてはいけないのですが、通常の方法では薄くするのに限界があるため、手術ができないと言われていました。ラゼックでは、通常は器具を使ってフラップを作るところを、特別なアルコールを用いて作ります。これによって、50μmも薄いフラップを作ることができます。これで角膜の薄い人でも治療が可能になるのです。ただし、ラゼックは術後に激しい痛みを伴います。また、フラップが再生されるまでは紫外線から目を保護するためのサングラスをかけないといけません。ラゼックを選ぶときはこういったデメリットを理解してからの方が良いでしょう。

大阪で格安レーシック

美容整形 梅田

レーシック 札幌

美容整形 池袋