天神のイントラレーシック

近視の治療法として今大変人気のあるのがレーシックです。天神をはじめとしていろいろなところにレーシックを受けられる病院があるので、聞いたことのある人も多いのではないでしょうか。レーシックは、レーザーで角膜を薄く削って屈折率を変えるという手術です。角膜は角膜実質の表面が角膜上皮に覆われているという構造をしています。屈折を変えるために削る部分は角膜実質ですが、そのためにはまずは角膜上皮をめくるということをしなければいけません。剥離した角膜上皮はフラップと呼ばれ、角膜実質を削った後にふたたびかぶせることになります。このフラップを作成する方法として、何通りかの方法があります。一般的なレーシック手術では、マイクロケラトームというカンナのような器具を使って角膜上皮を剥離します。その後エキシマレーザーを角膜実質に当てて削ります。マイクロケラトームを使う方法より進化した方法がイントラレーシックと呼ばれる方法です。イントラレーシックでは、フラップの作成もレーザーで行うことができるようになっています。レーザーでフラップを作成すると、マイクロケラトームで作成するより薄いフラップを作ることが可能です。フラップが薄いということは、その分残される角膜実質が多くなるということですので、屈折を調整するために削ることのできる部分が大きくなります。そのため、従来のレーシックの利用ができないと言われた角膜が薄い人や視力の著しく悪い人であっても、イントラレーシックで視力を回復することが可能になりました。このようにレーシックの技術は日々進歩していますので、今まで諦めていた人でも一度専門医に相談してみると良いでしょう。

 

レーシック 梅田の名医

レーシック 銀座

レーシック 愛知

美容整形 名古屋

レーシック 神奈川